chielitesalon.com

葬儀で気を付けるべき最低限のマナー

葬儀で着る礼服の買い替え時期 葬儀と一言で言いましても、お通夜と告別式があります。親しい人が亡くなったといいましても、どちらに参列をすればよいのか悩みますよね。お通夜と告別式の違いとは一体何なのでしょうか。お通夜とは、故人に別れを告げて、冥福を祈る儀式になります。本来は夜通し故人に付き添って、最後の別れを惜しむもので、そこからお通夜という名前が来ています。告別式とは、葬儀とは別に用意されたもので、故人の親友や友人に対して用意されたお別れの場になります。遺族や血縁関係者であれば、お通夜と告別式の両方に参列をしますが、友人であれば、お通夜だけでもマナー違反にはならないでしょう。

ところで、近年はLINEなどのメッセージアプリが広く使われるようになりました。ですので、親友や友人が亡くなった時に、お悔やみの言葉を安易に送ってしまう人がいます。当然ですが、こんな行為はマナー違反になりますので、絶対に送るのは控えましょう。故人にお別れを伝える場合には、必ず葬儀に参加をして、直接親族に伝えるのがマナーになります。たとえビジネス社会だとしても、なんでもデジタルで対応をしないようにしましょう。葬儀のマナーはいろいろとありますが、親族に迷惑をかけないようにすることを第一として考えましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2019葬儀で着る礼服の買い替え時期.All rights reserved.