chielitesalon.com

突然の通夜葬儀の時の対応

葬儀で着る礼服の買い替え時期 今日行なわれる葬儀、それは通夜を行い、翌日に告別式といったお葬式が行なわれることが一般的と言われます。この通夜とは、どんな意味を成すのか余り知られていないのも事実です。この通夜とは、この時に故人がまだ生と死の境にいると言われ、遺族としては、生き返って来て欲しいと考えることから、食事を出しながら夜を徹して一緒に過ごすと言われていました。

ですが現代の通夜では、形式的なものになってしまい、翌日の告別式に来られない方のために、行なわれるようにもなって来ています。そこには、仕事中のため葬儀に来ることが出来ない人たちが多く、告別式の人数より多くなることも、普通になって来ています。そのため夜間に行なわれるお葬式と言われるようになりました。

通夜、突然の訃報と言うこともあり、服装に困る時があります。昼間は仕事をしているため、普段のスーツを着ている場合が多い訳です。この場合には、最低でも黒いネクタイと黒い靴下を着用しましょう。更にアクセサリーなども、外すことを忘れないようにします。また、腕に黒い喪章を付ける人もいますが、これは間違いです。この喪章を付ける人は、葬儀関係者と言う意味になりますので、注意しましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2019葬儀で着る礼服の買い替え時期.All rights reserved.