chielitesalon.com

葬儀にかかる費用の内訳

葬儀で着る礼服の買い替え時期 葬儀を行う時に必要な費用の内訳は多岐にわたりますが、一般葬の場合、その根幹になるのは寺院への支払いと、葬儀一式の費用、通夜ぶるまい、精進落としの料理や火葬場のお菓子や飲み物代です。平成25年日本消費者協会が行った葬儀に関してのアンケート調査では、葬儀費用の全国平均は約190万円となっています。但し、この中には香典返し代や世話役、手伝ってくれた方々への心づけが入っていないので、実際にはこれ以上の金額がかかることになります。寺院費用とは、戒名料や読経料などです。寺社や教会により金額は異なりますが、全国平均は約44.6万円。戒名や読経が不要な場合は費用は発生しません。飲食代や寺院への支払いは、その場で現金での支払いになる場合もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

葬儀が終わった後に葬儀社から請求書が届いたら、依頼したプランで間違いないか、内容を確認します。葬儀当日の状況によっては請求金額が変わる場合があります。見積もりと請求金額が違っていれば、増額理由をきちんと確認する必要があります。請求内容を納得してから支払うことが大切です。支払い期限は何時までか、一括払いか分割払いが可能かなど、打ち合わせの時に、明確にしておきましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2019葬儀で着る礼服の買い替え時期.All rights reserved.