chielitesalon.com

「家族葬」という新しい葬儀スタイル

葬儀で着る礼服の買い替え時期 近年、都市部を中心として主流になっていると言われる葬儀スタイルに「家族葬」と呼ばれるものがあります。その特徴は、家族や親類、そして友人などの親しい間柄の人たちだけに参列者を限定するというというもので、従来からある一般の葬儀よりも規模を小さくするという葬儀スタイルになります。家族葬が選ばれる理由には、地域とのつながりが希薄になっているといった社会環境の変化や、葬儀に対する価値観の変化などがあると言われています。

家族葬は小規模で行うのが特徴ですが、参列者の人数に関しては20~30名ほどの規模になるのが一般的です。そして参列者の人数が少ないため、一般的な葬儀より費用が安くなるというメリットがあります。葬儀本体費用(葬儀社へ支払う費用)の価格帯は、40~100万円ほどと言われています(一般的な葬儀の相場は120万円ほど)。その他にも、少人数であるため参列者への対応を減らせることや、身内だけで行うため、故人を静かにゆっくりと送ることが出来るといったこともメリットとして挙げられます。

ただし注意点としては、家族葬は参列者を限定してしまうため、参列を希望する人が参加できないケースもあり得るということです。その場合は、身内だけで葬儀を行いたいといった家族葬の趣旨を相手に理解してもらう必要があるでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2019葬儀で着る礼服の買い替え時期.All rights reserved.