chielitesalon.com

葬儀を執り行う喪主は

葬儀で着る礼服の買い替え時期 葬儀を執り行う喪主は、誰がなっても構いません。長男が喪主を務めるのが普通と考えられていますが、子供がいない人だっています。その場合は、配偶者が喪主を務めることになります。しかし、配偶者が既に他界していることもあるでしょう。その場合、誰が喪主を務めるのでしょうか。基本的には同居して最期までお世話をしていた子供や孫、または故人と最も縁が深い人が務めます。ですから、場合によっては血縁関係にない人が喪主を務めることもあると言うわけです。喪主は血縁関係にある人が務めないといけないと決められているわけではありません。

また、喪主は1人と言うイメージがありますが、実は複数人で務めても問題ないです。兄弟全員で喪主を務めてもいいですし、配偶者と子供が共同で喪主を務めることも珍しくありません。また、両親が共に亡くなり、残された子供がまだ小さいと言う場合は、子供を喪主にしますが、施主と言うサポート役を立てるのが普通です。施主は親戚の伯父や伯母が務めることが多いです。また、かつては子供が親よりも先になくなった場合は、親は喪主にならないのが常識とされていました。しかし、最近では親が喪主を務めるのが普通になっています。

お役立ち情報

Copyright (C)2019葬儀で着る礼服の買い替え時期.All rights reserved.